読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY BIRTHDAY!

ミッキー&ミニー!



11月18日がスクリーンデビュー日ということを、ディズニーへ行ってから色々調べるうちに知りまして、今年ついに米寿ということでこれはお祝いせねばと思い書かせていただきます。

(余談だけども、ディズニーキャラについて調べていると、彼らの職業が役者であるということに非常に驚きました。出演した映画のDVDではオーディオコメンタリーとかしていてさらにビックリよ。)

ミッキーは昔のクラシックシリーズが好きだなあと昔から思っていたのだけど、最近の短編アニメーションである「ミッキーマウス!」という作品も好きです。ここで気づくのはミッキーが破天荒なシリーズが好きなんだよなってことです。でも一番はファンタジアのミッキーだなあ。常々ファンタジアのグッズがほしかったんだけど、ついに今動き出そうとしている・・・。ほしい・・・。フィギュアとか。あるのかな。

と言いつつ、何が話したいのかっていうと、ミッキーさんがリニューアルされているという話。


youtu.be


ミッキーの誕生日に本家ディズニーさんが公開した映像に出演されているミッキーさんの様子がおかしいです。お顔が変わっている。
上海ディズニーランドが開園したときに公開されたミッキーだけども、あまりにもソフトビニール感と、頭身バランスのおかしさ、顔の目線の合わなさ・・・最悪だと思っております。なんでこれがOKでたのか理解できないレベルでの改悪っぷり。このミッキーがWDWアナハイムディズニーでも披露されており、いずれ日本にも来るのではないか?!と戦々恐々としているこの状況下。
日本でのミッキーって可愛さと共に格好良さも求められていると思うんです。タキシードをスマートに着こなしてクールにキュートにダンスを決める、それがミッキー・マウスだと。
そのミッキー像と今の顔ってすごくマッチしていて、とんでもない黄金比率で存在していたんだなと今この新しい顔を見て思うわけです。
それに、新しい姿は中に人が入っていることが分かってしまう。そこも日本の需要に合っていない。日本の徹底したミッキー・マウス像とかけ離れた新しい姿のミッキーが、本当に日本に来るのか、世界基準が変わってしまうなら日本も変わってしまう運命だとは思うんだけども、どうか奇跡が起きないかなと思ってしまう。
オリエンタルランドがどう考えているのか全く分からないけれども、もし今顧客のの反応を見ているのであれば、どうかこの一意見に目を通してほしいってもう非難轟轟なんだけどさ。

今のあの顔とあのフォルムとでスターミッキー・マウスは存在しているんだと思う。本家はアニメーションに近づけたのかもしれないけれども、パークのミッキー・ミニーが存在する条件としての「操演としての人間」の存在がある以上、2次元を3次元にそのまま持ってきてもそんなもの受け入れられるわけないんだよ。そこに気づいてほしい。あの顔は本来のアニメーションのミッキーのサイズでなら受け入れられるんだよ・・・。


ミッキー・ミニーの誕生日同日に東京ディズニーが公開したこの動画を見たときに、私は天に向かって「神を見た!」と叫びたくなりましたよ。オリエンタルランドさんお願いします。新しいミッキーは不細工だ!と全世界に向かって叫んでください。ていうか、本当にアメリカってセンスがないというか、需要が分かっていないというか、広告の意味を理解しているのかと聞きたくなるよね・・・。まあアメリカと日本とで需要は違うんだろうけどさ・・。

Best Album「SMAP 25 YEARS」

アサインが出たよ!形式ですが、ベストアルバムの結果がでたよ!と、繁忙期に発表されたので漸く感想をば述べる。発表通りのランキング形式です。

①STAY(2006年「Pop Up!SMAP」)
正直なところ、ファン以外の層も投票できるこの形式で、当然トップ層に来るのは、世界に一つだけの花だったり夜空ノムコウといった王道が来るだろうと思っていたから、この結果には正直に驚いた。10年前に出たアルバムの1曲で、確かにたまに歌うけどもメジャーではない。
でも、この曲は、ファンはずっとSMAP同志、そしてファンとSMAPの関係を歌った曲だと思い支持してきた。そして、2016年元旦にSMAPが5人で叫んでくれた唯一の言葉。それを受け止めたとSMAPに返すことができたのだと私は思う。

②オレンジ(2000年「らいおんハート」)
隠しきれない名曲。この曲は、きっと一般層が多く入れたような気がする。なんとなく。

③BEST FRIEND(1992年「負けるなBaby!~Never give up」
ここまで来て、このアルバムのコンセプトがファンからSMAPへ投げかけるメッセージアルバムになっちゃったことに気づいてね。物凄いアルバムだと思う。勿論人気ソングであることには間違いないけど、この位置にこの曲だよ。

続く!

スクラップ&ビルド

SMAP

ちょっと気分のよくない話をするかもしれない。

スクラップ&ビルドという言葉がある。最近「シン・ゴジラ」を見て、その中で使われる中で印象に残った言葉の一つである。

スクラップアンドビルドとは、老朽化して非効率な工場設備や行政機構を廃棄・廃止して、新しい生産施設・行政機構におきかえることによって、生産設備・行政機構の集中化、効率化などを実現すること

*1

文字通り、物自体であったり、システムの話にも当てはまる言葉である。既存構造を壊し、新しい構造を構築する。日本はそもそも戦後の焼け野原から1から町であったり行政組織を作り直してきた過去がある。

この言葉を聞き、ふと思ったことがある。

SMAPにも当てはまらないのか」

すでにグループとして巨大化し、メンバーの知らないところで様々な話が進められ、意思決定の場にいないことはメンバーの口からも語られた過去がある。本年12月31日で終了するスマスマも、フジテレビの思惑でただの番宣番組となり下がっており、SMAPが添え物のようになる回も多い。そのような現状を見ると、一度すべてをリセットすることも強ち策として最悪の結果ではないのではないかと思う。(もちろん今回の解散に関しても、SMAPの意思はなかったと思っているけれども)メンバー個人は事務所に残る、という一筋の光が残っている以上、全てのしがらみ、利権をリセットし、新たに再構築することもできないことでもないと思う。

正直なところ、沈みゆく船状態のフジテレビでゴールデンタイムに番組を持つことは、今後のSMAPの活動に影響を与えかねないと思っているので(実際に影響は大きく出ているが)今回これで手が切れることは少し安堵しているところでもある。(結局SMAP自体も解散となってしまっているが)(さらに言えば、特定の放送作家とのつながりも、だ)

結果良かったのか、なんていうことは今からは断定できない。本当に全てが終わってしまうかもしれない。でも、あの5人なら、SMAPなら、なにか手段を残しているんじゃないかって思ってしまう。それがSMAPというグループで、奇跡という言葉を信じてしまうセンチメンタルな心をもっているからだ。決してSMAPが解散して嬉しいとは思っていない。現状として呑み込めていない節はあるけれども、決してそのようなことは思わない。日常からいなくなる現実が想像できないのだ。物心ついてからSMAPのいない世界に生きていない以上、私の生活の中でSMAPは必要不可欠だ。

不死鳥のごとく、再生する姿を待っている。あの日、ぶち壊されたSMAPが、また再びリスタートすることを祈っている。

HAPPY 25 th ANNIVERSARY

SMAP

デビュー25周年おめでとう、SMAP!


www.nikkei.com

そして、世界に一つだけの花、トリプルミリオン認定おめでとう!記念の日に認定なんて奇跡に近いと思うんだ。


貴方たち5人は本当に奇跡のような人たちだよ。そもそも、5人が集まったことが奇跡なんだよ。貴方たちは本当に、本当に完ぺきなアイドルで、スーパースターだよ。生で見ても完璧なスタイル、完璧なトーク、アイドルとしての振る舞いも、全てが一級品。このまま宝箱の中に閉じ込めてしまいたいくらいに私たちの目の前に留めておきたい。

SMAPの好きな話を色々話そうと思う。

  • 好きなエピソード

①MIJツアー中に、中居・木村・慎吾で飲んでいて、酔っぱらった慎吾が中居に唾を吐きつけた。それに怒ったら慎吾がしょげて部屋に帰ってしまい、そのあとは中居と木村の2人で飲み明かした話。

②吾郎ちゃんがコンサート中、グッズを買いに来るファンの姿をホテルの部屋から全裸で見ていた話。

③中居、剛、慎吾の3人で中居の部屋で飲むことになったけども、ふと気づくと剛がいなくなっている。探しに行くとマンションのエントランスで寝っ転がってる剛を発見。それが何度か繰り返されて、なぜそんなテンションなのかとなったとき、その日が剛の誕生日で、二人が祝ってくれていると剛は思って嬉しかったからって話。

④木村が香港で2046を撮影中に、海外のやり方についていけずへこたれてしまいそうになり、慎吾にSOSメールを送ったら、慎吾が叱咤激励をした話。

太秦宮本武蔵を撮影中の木村が、スタッフからもうすぐ剛も太秦に来ることを知り、剛に対して嬉しそうにお前もうすぐ来るって聞いたぞ!って言っていた話。

  • 好きなアルバム

①Drink!Smap!:別格。もうすべてにおいて思い出とともに生きているアルバム。大好きで大好きで、擦り切れるほど聞いたアルバム。It can't be大好き。

②「ス」:ココニイルコトがすごくいいんだよ。いい曲だよ。夜中に一人で聞きたくなる。

③super,modern,artistic,performance:Themes of 019と慎吾ソロにBEPのwill.I.amが参戦している奇跡のアルバム。このアルバムの制作期間を考えるとwill.I.amにリクエストを出したことは恐ろしい決断だったと思う。そんなwill.I.amはリクエストをもらった時にオバマに捧げる曲を作っていたっていうエピも合わせて好き。(今オバマに曲作ってるからもう少し待ってね!ってすごい話だと思う)

④SAMPLE!BANG!:夏色全開のアルバム。「sweet,summer,surfing,season」って曲が特に好き。

  • 好きなシングル

①Fly(1999):SMAPにはまったきっかけの曲。当時小学生だった私の心を射抜いた曲。

②smac(2000):5人にはネタになってる曲だけど、間奏のダンスがべらぼうに格好良いんだよ。デビュー10周年記念のCD。

③華麗なる逆襲(2014年):MVも併せて最高の1曲。



・・・華麗なる逆襲を生で見ていないんですけど!!!Othersideも!愛が止まるまでも!ちょっと!待って!無理!見せて!帰ってこい!!!SMAPに会わせろ!!!番組協力も!生放送番組も!歌収録も!ないまま終わらせようとしてるなんて許さんぞ!何も言わずに去るグループじゃないだろ!

SMAPを返せばか!!!!

夏休みの話

夏休みの話。


USJに行った話。

8/16に大学時代の友人とUSJに行ってきました。

f:id:delta31:20160905162940j:plain

15周年を迎えたUSJ。思い起こせば開園当初はトラブル続きのテーマパークだったなあと当時とは様変わりした園内を歩きながら物思いにふける。今のUSJは好きではないのが本音です。映画をコンセプトにしたテーマパークなのに今となってはAKBだキティだ・・・となんやねんと。本当に理解ができない。さらにバックトゥーザフューチャーをクローズしたりどないやねん・・・。もっと洋画要素詰め込んでほしい・・・。なんて今のUSJの再起立役者の人には通じないんだろうなあ。ハロウィンのコンセプトは良いけど、夏がね・・・。うん。。

で、そんな色々思いながらのRE-BOOOOOOONパレードは凄く良かった。特に規模が大きいわけでも、フロートが派手なわけでもない。でも一緒に楽しむ、というコンセプトが良くて。ダンサーの人も気さくで良かった。

でもやっぱり夏のUSJはだめだ。暑すぎる。休むところも日陰も少ない。待ち時間の少ないアトラクションがあるわけでもない。早く乗るには金を積まなければならない。今はうなぎ上りの好業績らしいけど、どうなるやらと思います。

あとやっぱりディズニーとは比べ物にならないなと。うん。あの舞浜駅降りてからの異世界感と、ユニバーサル駅との差が激しすぎる笑 電車で初めて行ったけど、あんな感じとは思わなかった。車で行くと、ジュラシックパーク感があっていいんだけどさ。なのでそろそろジュラシックパークエリアを更に拡張してジュラシックワールドにしてモスサウルスのショーを始めよう。それか恐竜世界に入り込む映像型体験ライドを始めよう。本場にあるキングコングに襲われる奴でもいかがですか。ディズニーが2020年目指して本気出してきたから、USJも本気出そう。小手先の要素では通用しないと思うよ。

②ディズニーリゾートに行った話。

行く予定の日が丁度台風直撃か?!どうなるか?!といわれた前代未聞の台風10号ちゃんの登場で、どうするどうすると二日前に相談し、急きょ出発を1日早める形にした今回のリゾートへの旅。ホテルはキャンセル料がかからない日であったから変更をかけ、新幹線はキャンセル料覚悟で(ぷらっとこだまのため)キャンセルし、当日購入することに。チケットは当日ランドで日付変更をする・・・・などなど踏んだり蹴ったりで色々用意を忘れたりした旅でしたが、台風のおかげで日差しもなく、涼しい環境で楽しめた。

ランド編

f:id:delta31:20160905162906j:plain

彩涼華舞のミッキーマウスが史上最高に格好良かった。丁度ウォルト像の前でストップして踊っていたんだけども、久しぶりにあんなにガシガシ踊るミッキーを見たような気がする。シンデレラ城に向かってハイキック決めてガッツポーズするミッキーなんて誰が想像できただろう・・・。笑 いやもう本当に格好良いミッキーでした。

あと、1日目ランドだったのだけども、雨でエレクトリカルパレードがキャンセルになり、ナイトフォールグロウへ変更。フロートの台数少なかったけど、すごくきれいだった。ミニーオーミニーもキャンセルだったなあ。

さて、今回はキャラクターに会うことが目的に近かった。というかミッキーたちの顔が変わるんでない?というまことしやかな噂を聞き、これはあかんと変わる前にキャラクターに会おうと行動。そして初めてミッキー様に対面。ミートミッキーの環境怖いね。あれね。なんかうん。あんなに周りに見られる環境だとは思わなかった。そして目的のファンタジアミッキーではなかったのですごく悲しい。リベンジする。

*シー編

二日目のシーは、入ったら丁度キャラグリしていて、グーフィーがいたので様子を見ていたら、なにやら帰る直前&雨降って来たーということで落ち着かないグリーティングをしていた。そんな中雨降ってるから屋根のある所に皆を引っ張るグーフィーさん。優しいなあ・・・いやお前が濡れないためかと思いながら最後まで様子を見ていたところ(声を掛ける勇気はないし、人のグリーティング見ているほうが面白い)、帰りがけにグーフィーグーフィーのバスタオルを巻いた私の存在を認識し(めっちゃ寒かったので着てた)、投げチューをしてくれました。視線の先にずっといたら気づくよね笑 ありがとう、優しいグーさんでした。

ちなみにこのあと何度かこのグーフィーに会うことになる。

f:id:delta31:20160828081800j:plain
最小限人が写らないようにと撮った結果。お別れのご挨拶中です。この後声かけてくれた。8/28朝のグリしていたグーフィーさんありがとうございました。

その後トレイルへ行く。なにやら面白いグーフィー(サービス精神旺盛)だなと思ってみていたら直前で洋服を直しに行かれました。そしたら何故かテンションの落ち着いたグーさんに。裏で何があったのかな(棒読み)ミッキーたちに何か言われたのかな。(某読み)そしていざご対面したのだけども、何故か敬語でずっと話しかける私と紳士的なグーフィー。なにやらバスタオルに気づいた仕草をしたらしいけども、カメラに必死で気づかない私。(買ったばかりだから慣れてなかったのが敗因)フォトキーを後から見ても凄く礼儀正しい客とグーフィーしかいない写真だった・・・なんでこうなった・・・。


昼過ぎにドナルドに会いに行く。ここで待ち時間調査のカードを渡される。噂には聞いていたけども協力する日が来るとは。

f:id:delta31:20160828145010j:plain
8/28 15時過ぎ頃のドナルドさんありがとう。

ドナルドさん凄く良い子だった!今回はいとことそのちびっ子と一緒で、いとこファミリーと私とでそれぞれ写真を撮ることにしたんだけども、ちびっこたちが待ち時間の間に不機嫌になってしまい(単に疲れたことと、ゲームやめろって言っただけなんだけどねえ)荷物置き場に座ってしまってたのね。ドナルドが迎えに来てくれたんだけども、元気になれ!って感じでステップ踏んでくれたり、子供とくすぐり合いっ子したりと非常に盛り上げの上手だし気を遣ってくれたりで有難いのと申し訳ないのとでいっぱいでした。ありがとうドナルド!この場所のキャストさんも良い人だよね。盛り上げ上手だし。ミートミッキーと全然・・・げふん。

そんなドナルドに感動した大人はグリ施設の上にあるお店でドナルドのスーベニアケースを購入。お金を落とす役割が大人の務め。(ほしかったんだけどすっかり忘れていて、グリしていた女の子たちが持っていたのを見て思い出した)

色々あり、夜は当日枠で入れたホライズンベイへ。ここのプルートいい子だったなあ。ミニーは可愛いかった。ここのプルートもすごく良い子で、プルートと写真を撮るために席を立つときに隣の人の荷物にぶつかってしまったんだけども(子供が)、お詫びしたら一緒に謝ってくれた。ありがとうプルート。

f:id:delta31:20160828181628j:plain

このミニーちゃんめっちゃ可愛かった。最後は子供たちに直チューしてくれてた。

夜頃、ファンタズミック!はあるんだろうか、なんて思いながらキャストに聞くと、一応やるとは聞いているが、どうなるかわからない途中キャンセルもあるかも。という丁寧なご回答をいただき、移動する。今回は花火がないバージョンでした。台風来ていたせいか人が凄く少なかった。直前でもいい場所で見れた。でもあんな台風の環境でも慣行するディズニーは凄い。どれだけ優秀な気象予測システム持ってるんだ。ストームライダーはなくなったというのに。

こんな感じです。

BIG5制覇したぞ!!おおきい。非常に大きい。お顔変わっちゃう前に会えてよかった。私の思い出は貴方たちと生きていきます・・・・。お顔変わるの反対。しゃべる意味わからない。

一応色々ライドも乗っております。ただやっぱりショーが悉く外れたのでリベンジしたい。BBB見たいんだよ。カードだけ買っても意味がないんだよ。

ところでデイパレの「ハピネス・イズ・ヒア」見たけど、本当にダンサーが少ないね。びっくりした。あんな規模だったっけ?オリエンタルランドさんが何を考えているかわからないけども、人件費削減が一番企業として愚策だからね。特にエンタメの世界では。本当にしょぼいしフロートとフロートの間の待ち時間のつまらないこと。ディズニーの魅力は豪華さと派手さと奇抜さなんだからさ、そこケチったらだめよ。

I Still Wanna Be Next You.

SMAP

2016年12月31日、SMAPが解散する。


もう、流す涙もない。
あの1月の報道からここまでの道は全て決められていたかのような連日の報道と事務所の対応。今日、木村が帰国した際のコメントで、話し合いもなく解散が決まったことを告げた。ファンクラブに届いたハガキも、報道で流れる解散が決まった日からほんの数日でファンクラブ会員の手元に届いている。

余りにも、余りにも酷い仕打ちに、ただただ怒りしかない。28年間第一線を走り続けた国民的グループの最後がこんなにもあっけなく、何事もなく終わっていくなんて信じられない。ジャニーズ事務所は自社のタレントをゴミのように捨てるのか?各メンバーを陥れるような週刊紙やスポーツ紙の記事を垂れ流し、人権侵害ともとれる記事に目を瞑る。レコード会社やスポンサー企業(日本財団を除く)には一切の連絡を入れない。これが一企業として許されるのか。企業倫理、コンプライアンス全てを無視した会社がこの日本に存在していいのか?普通の企業ならば(大企業でさえ)許されないことが何故許されるのか?

私は一応企業で人事として働いている。労務系の仕事もする。そこで数々の労務トラブルを見ている。その都度自浄作用を働かせ、問題をクリアにしていっている。だが、それがジャニーズにはない。そこが信じられないのだ。返す言葉もなにもない。本当に呆れてしまうお粗末な会社だ。

解散が、SMAPがもう限界だと感じて、自らの意思で解散を宣言するなら甘んじて受け入れる。涙も流す。でも、メンバーがラジオで発表したコメント、木村が空港で話した言葉、全てがとても未練たらたらで、全くもって納得している様子がない以上、私も解散を受け入れる気持ちはない。SMAPを諦めたくない。エンターテイメントの最高値に立つ男達の最後がこんな形で終わることを許すつもりはない。

何があっても、私はSMAPを信じる。だから行動する。

僕はまだ君の隣にいたい
一緒にやって来たのは事実
君と比べられるものは何もない
君だった。いつも。そして今も君だけ。

遠い道をいっしょに耐え抜いたのが
信じられない君のためこの歌唄っているのが

皆に別れるかもしれないと言われたけど
僕たちはまだ今までよりもずっと近くで一緒にいる

信じられないよ、一緒に来た道を振り返ると
結局今に至るまでずっと、僕は君を
一晩中手放したくないんだ

この狂った世界で他のすべてが変わっても、
君だけは、絶対に変わることはないただ一人の人なんだ

春夏秋冬
雨の日も雷が降っても
御互いの手を離さない
終わるまで変わらない
君と僕、僕と君
僕たち二人だけ接着剤のように引っ付いてる
タトゥーのように永遠に約束する
君はいつも僕を驚かせてくれるよ

なんでグーフィーに堕ちたのかって話

今更の話。

基本的に動きのおかしなキャラクターが好きです。例えばドアラつば九郎くまモン・・・おっさん臭いというのかな。そういうキャラクターが好きです。なので、グーフィーも好きになりました。完。


グリーティングトレイルで写真を撮るときに、7人で並んで私は一番外側だったわけです。まぁグーフィーからは遠いわけです。「遠いなあ、疎外感あるなあ」とか思っていたらですね、グーフィーさんの腕が私の肩に伸びてきてぐっと抱き寄せてくれたわけです。ビックリですよ。腕なげえ!!!なんやこのキャラクター!と同時に、直前まで疎外感を感じていた私はそこで急にずきゅんときたわけです。なにこのエスパー?気持ちを汲み取ってくれるのかディズニーのグーフィーさんは。と。うれしかったわけですよ。男らしさっていうよりも優しさですよねえ。

で、そのあとのふれあいタイム?でグーフィーが友人を操って私たちに近づいてくる。そして友人をサンドイッチしてグーフィーとハグしました。なんだこのキャラクター。なにがしたいんだ。なんやあの子。ここで面白い子認定。そしてさよなら直前に何故かグーフィーと対峙することになり、その時に放った一言が「怖い」でした。大変申し訳ございませんでした。何故わたくしの前に直立不動されたのかわかりませんが、大変失礼な発言を致しました。

でもそのあともシー内やランドで偶然出くわすことが多くてですね、最後には思わずグーフィーのバスタオルを買ってしまいましたよ。グーフィーのバスタオルないかなあと呟いたらわざわざ取扱店舗を教えてくれた路面店のキャストさんありがとう。

そして帰宅後グーフィーの動画を見漁り、今に至る。普段ふざけているのに、決めるとき決めるんですよね。格好良すぎやーん。あと色々な人のグリ体験談を読んで益々好きになるという。優しいやーん。


なので今月末、また会いに行きます。


最近会う友人に何故ディズニーに急にはまったのかと驚かれ、分析されるんですけども、どうも現実逃避が強いようで。ディズニーってその人の感情が出てこないじゃないですか。顔が見えないというか。会えるんだけども、あくまでもそこまでという。どうあがいてもキャラクター以上のことは知りえないし、変なことに一喜一憂することもない。つまるところSMAPのことが思っていたよりも負荷になっていたみたいです。しばらくは遠くから眺めていようと思っていたらこちらに飛んで行ってしまったよ・・・。すまさんは暫くお休みします・・・。見ているけどね。