読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう二度と見れないかと思っていた55ステップスが全国ツアーで大津にやってきたので早速見に行きましたよ!さっきまで頑張って書いてた記事が消えたんで、もう適宜についかしてきます。

<ボーカルパート>
李涛 村俊英 渡辺正
織笠里佳子 金平真弥 福井麻起子
<ダンサーパート>
岩崎晋也 金久烈 萩原隆匡 斎藤准一郎 徳永義満
水原俊 前田順弘 新庄真一 花島佑介
加藤久美子 須田綾乃 今彩乃 原田麦子 海野愛理
柴田厚子 岡村美南 小管舞 井上佳奈 駅田郁美

殆どが初見です。ボーカルパートでは早水さん・智恵さんがいない、ダンサーでは坂田さん、高倉さん、泉さんがいないので誰がヴァリエーションズ・メモリーを踊るのか、バトンをするのか気になってました。そして最初にこのキャストシートを見たとき、1枠李涛?!3枠渡辺?!織笠さん1枠?!金平さん2枠?とか思ったけど、通常どおりでした。焦らさないでくださいよ四季さん。以下順番に個人的記録。

開演前のホールには常設劇場と同じようにミュージカルナンバーが流れてました。「55」のレリーフはなし。写メっとけばよかった。舞台上の幕には「song&dance55steps」「55」の文字がそれぞれ映しだされてました。増えてる・・!し、文字の形も変わってる。

<オーヴァチュア:間奏曲/四季より>
この曲聞くとソンダン来たんだなあとしみじみと思います。ミラーボール、ドット柄の扉は共に健在。大阪で見たよりも音響も照明も良く見えました笑 音響は特に良かった!ずしずしと響いてきて、最高でした。オーバーチュア後拍手あり。WSS組が大阪公演見に来てた時以来だ笑 皆待ってたのかな。少なくとも私はその気持ちで拍手!(思わずやってた)
<ようこそ劇場へ:アプローズより>
最初の歌いだしは村さん。村→李→渡辺だと思う。何故1枠が歌わないのか甚だ疑問。李さんの声を聞いてソンダンなんだ!と思う笑 バーレッスンしてるのは岩崎さんは確か笑 あとは分らなかった。後ろから舞台中央に岩崎さんが出てきて三回転した時に、「ああ、岩崎さんだ」と安心した笑
<アプローズ:アプローズより>
最初黒シャツで帽子を舞台中央に置いたのは萩原さん!萩原さんだったんだなあ・・。格好良すぎてどうしよう笑 歌いだしは金平→福井→織笠の順。最初福井さんと織笠さんが区別付かなかったけど歌でわかった笑 ダンサー陣が歌う「何故生きているの?アプローズ!アプローズ!」って部分が凄く好きだ。そしてこの曲聞くとテンションあがります。泣きそうになりました。舞台から来る迫力に圧倒される。アプローズ!金平さんがめちゃくちゃ歌上手くて吃驚した。春のめざめで上手いなあとは思ったけど、ここまでとは!迫力が半端ないです。存在感が凄い。
<愛の物語:アイーダより>
ダンサーは岩崎さんと今さん。凱旋門みたいなのは同じく健在。あれどうやって運んでるんだろうか。岩崎さんがボテで飛ぶ姿を見てたら、何故か松島さんを思い出してしまった。やっぱり松島さんのが滞空時間長かったなあ。勝利ほほえむに入る直前の「あ〜あああ〜」が若干弱かった。それだけ残念。
<勝利ほほえむ:アイーダより>
李涛ラダメス!超爽やか李涛ラダメス!笑 萩原さんは灰色のバンダナ。このシーンの男性ダンサーの力強さが大好きです。「つ〜ね〜に〜」って歌う所が特に。
<星のさだめ:アイーダより>
金平さんと渡辺さんペアだと犯罪チックに見えるのは年の差のせいだろうか。渡辺さんは本人比で前見たときより良くなってた。(アイーダの稽古動画とか、大阪公演時)この曲の間奏で二人がパッと出会ったけどすぐにまた離れてく金平さんの姿が凄く印象的。盆舞台じゃないので床は回らずに二人が歩いてました。最後ボテの中に入っても下に降りず、ドット柄の扉が閉まって終わり。これ人力で動いてるのかと驚いた。スローモーションは誰だったのか・・。段々スローモーションが汚くなってきてる気がする。
<シャドーランド:ライオンキングより>
今回が本当に初めましてな福井さんがどんな歌い方するのかドキドキしてたら、予想を上回る上手さで吃驚した。というより今まで聞いた中で一番好きかもしれないw力強くて、でもどこか救済を求めて苦しんでいるような歌い方に、このシャドーランドって曲は祈りの曲なのかと気付かされた。プライドランドに生きるもののそれぞれの祈りを受けてナラは旅立つ。その重圧を撥ね退けるように決意して歌い出す「戻ってくるわ〜帰ってくるわ〜besobo」の力強い歌い方に繋がるのか。LK本編よりもこっちで気付かされるとか、どんなだ・・。ほんまに福井さん良かった!
<早く王様になりたい:ライオンキングより>
前田&岩崎(ザズ)、徳永&金久ペア。徳永さんがいないとこのナンバー成り立たないと思ってきた。本当にムエタイ選手に見える。そして格好いいんだなあ。ボクシングのリングの支柱をスタッフが支えてた。スタッフも参加してるみたいな感じで、俳優さんに話しかけられたり。レフリーは萩原さん。ハマり役だなあ。やる気なさそうな感じとか似合う笑 縄跳びするのかと思いきやしないし笑 スタンドも総じてテンション高め。そして岩崎さんがザズってる・・・!という衝撃笑 ラウンドガール通った時の反応見れなかったのが残念。ラウンドガールは客席にも降りてきてました。マスコミは舞台上手袖から登場。
<最新ニュースのジャヴァ>
織笠さん、渡辺さん、村さんのトリオ。後ろでスタッフが次のセットの準備してた笑 今回のツアースタッフさん大活躍です。
<僕の願い:ノートルダムの鐘>
爽やかに歌います李涛さん。外の世界に憧れてのびのびと歌う姿に、次のトプシーでの展開を考えると悲しくなる。
<トプシーターヴィー:ノートルダムの鐘>
バトンはどなたですか?!パンフ買うか迷ったけど買っていないのでバトンしてる方の顔が分らなくて、枠組みで見ても分らない・・。渡辺クロパンは関西弁ではなく標準語でした笑 「ほなはじまるで〜」期待したのにwwピンクオカッパヅラ被った金久さんが凄く楽しそうなのや、ピンクドレスの斎藤さんが物凄く可愛かったりでドキドキしましたが、一番持ってかれたのは萩原さんがメイクとヅラは矢島美容室のナオミ、衣装は太った着ぐるみメイド服で登場笑 衝撃で手が震えた・・。トランポリンはあったけど、壁歩きは無かったからその変わりなのかな。加藤久美子さんのエスメラルダはやっぱり妖艶で綺麗だ。
<ゴッドヘルプ:ノートルダムの鐘>
何度でも言おう、金平さんはほんまに綺麗だ。ランプ持ってベール被って出てくるコーラス隊の中にいる村さんの声が一番響いて心地いい笑 上手袖から出てくる長い階段は出てこず、中途半端な台が出てきてその上からネックレス落としてた。
<チム・チム・チェリー:メリーポピンズ>
煙突から村さんが出てきた笑 煙突の中から煙は出てこず。そしてロープ回すスピードが速い笑 村さんは可愛かった。芝さんだけが胡散臭いのか笑
<夢があるから:マンマミーア>
力強い歌声披露してくれた福井さんが今度は180度変わって可憐なソフィ姿で歌ってくれました。衣装が良く似合う。
<手をすり抜けて:マンマミーア>
結婚して去りゆく娘を思う母親の歌なのか。福井さんが嬉しそうに指輪か何かみていて、それに夢中で母親である織笠さんが来たことに気付かず、肩に触れられて漸く気付いたその姿に、母親は寂しそうに思い出を歌い、またその姿に福井さんがマリッジブルーっぽくなったけど、でも最後は無理矢理去るような、そんな印象です。福井さん凄いな〜。
<ドレミの歌:サウンド・オブ・ミュージック
金平さん可愛いな〜。保育園の先生みたいな感じでした。智恵さんは声楽の教授みたいな印象でした。舞台に上がった人は最前列から、殆どの人が慣れてる感じでした。客席もノリノリで笑いも上がったり良い雰囲気でした。準備する姿が普通に見えて吃驚した笑 上手ドアから金平さん登場でした。舞台後方では李涛・斎藤・岩崎さんとあと一人(思い出せない・・太鼓誰だっけ?)がパーカスとして登場。シンバルの李・斎藤の二人はノリノリでした笑 最後グヨルさんが握手祭りしてて舞台上の人にトーンチャイムで早くしろと即されてました。で、「てへへ」と笑うグヨルさんが可愛かった笑
<パート・オブ・ユア・ワールド:リトルマーメイド>
福井さんグリーンの衣装似合う!泡の照明は健在でした。
<ビー・アワ・ゲスト:美女と野獣
支配人(ルミエール)は萩原さん。歌声初めて聞いた笑 帽子をクイッと上げた時ウインクしたよこの人!そういえばグヨルさんが断髪してた。日本男児チックな髪型でした。前のが・・笑 総じてダンサー陣が格好いい。そして「素敵なサービスいたしますからね」で声上がってくる時のバランスが良かった。誰かボリューム大き目とかそんなのなくて調和取れてた。萩原さん岩崎さん斎藤さんが3人ダンスして捌けてく時ぴょんぴょん飛びながらだったけど、こんな捌け方だったっけ?グヨルさんはスプリンクラー封印してました。グヨルさん徳永さんの二人が踊り出すと楽しくなります。

とりあえず一幕終了笑 1幕書くのに1時間とかね・・。今から勉強します。

続きます。続いて2幕です。ここから完全にうろ覚えです。

<夢を配る:夢から醒めた夢より>
センターで格好良くポーズ決めてたのは加藤久美子さんでした!吃驚!歌声は見た目と違い可愛らしかった笑 いやしかしセクシーです。李涛さん、渡辺さんも同じくいました。李さん鉛が少し酷くなってて、渡辺さんは変わらず・・。ここの後ろにいるダンサーのダンスが好きです。帽子お互い被らせたりとか。バリバリ踊る李さんも素敵だ。ダンサーとして一度見てみたい。渡辺さんは決まってない所が面白い笑 歌謡ショーの始まりです!
<夢を続けて:ユタと不思議な仲間たち>
金平さん美しい・・・!ここ南部弁で歌ってなかった。なんで?
<見果てぬ夢:ユタと不思議な仲間たち>
でもこのナンバーは南部弁でした。なんでだろう。最後のわーだーわーだーあげろじゃががーいからダンサー陣がスローで入ってくる所が好きだったんだけど、スローに見えなかった。なんか残念。雪は振ってなかった。
<アキレサンダーズ・ラグタイムバンド:ミュージカル異国の丘>
大好きナンバー!特に萩原さんグヨルさん徳永さんが踊り出す所からの男性ダンサーが好きです。ある振りが好きだけど説明できない。萩原さんセクシー!腰落として踊る所が好きです。
<名も知らぬ人:ミュージカル異国の丘>
李さんは上手側の客席扉から退出。福井さんほんまに歌上手い。しかし顔が分らないのです・・。すいません。
<二つの祖国:ミュージカル李香蘭
天童よ…ではなかった。そういえば舞台の奥行きが深く感じました。なんか中途半端なのは仕方ないのか・・。
<炎の祈り:ミュージカル南十字星
大好きナンバー!これって最初に踊ってた半裸の人らを後から来た槍持った人を退治してるのか・・。で勝者への祝祭としてのバリ舞踊?で、このナンバーを踊ってる人は誰なのか・・。萩原さん岩崎さん斎藤さんグヨルさん徳永さん辺り?あと一人は?前田さんは確実に違う。花島さん?も違う気がする。演奏はなんかバラバラでした。旅公演だから練習してる暇ないのかな。あ、通路からフルーツ盛り頭に載せた人歩いてきてました。星もバックにありました。
<バリ舞踊:ミュージカル南十字星
眼見開いたまま踊ってるんだよなあ。ダンサーさん凄いなあ。
<祖国:ミュージカル南十字星
ブチブチ切って歌わないでー・・・。前よかよ・・うん。
<ピラトの夢:ジーザス・クライスト=スーパースター>
本物ピラト!この歌、こんなにしんみりするのか・・。以前みたいにフラッシュバックで泣きそうになることはなくなりました笑
<ラム・タム・タガー〜つっぱり猫:キャッツ>
マイケルタガーキター!相変わらず登場時の高音シャウト健在で嬉しくなりました。上手客席扉から登場!ほんまに李さんのタガーはマイケルジャクソンです。超格好いい!「はだか〜だ〜ぜ〜」の歌い方を昔友人と真似しました笑 片足ギターも健在!「忠告なんてそいつはゴム〜」でカトクミさんが足開いてえんらいセクシーでそこだけポールダンス見てるような、そんなでした笑 それ18禁!!周りの女性陣に構ってもらえなくていじけてたの面白かった。客席の反応も良かった笑 最後ツテテテテとマイケルタガーの前を通り過ぎたのはセクシーカトクミさんでした。面白かった。「ごむ〜ぅ〜よおう!ポーーーッ!」の「ポーーッ!」高音すぎて耳塞ぎたくなった笑 ステージ後ろはいつもと同じだった。
<メモリー:キャッツ>
泣きました。はい。この歌における一連の流れがやっとわかった。メモリーを踊ってる織笠さん落ちぶれた今のグリザベラ。須田さんが踊るのは嘗ての高級娼婦だったグリザベラ。高級であるが故に見栄張ってお高い場所にいるような、誰も近づけようとしないのがダンスの中にあって、まだ私は落ちぶれてないと今のグリザベラが夢見てるようにも見えて。最後踊り終わった後、須田さんが通路を通って去っていくのは、過去との決別で、そしてそれを見届けたからこそジラバブは歌い出したのかなと。じっと去っていくグリザベラを見ていた福井さんが印象的でした。そう観てたらそのあとの「お願い私に触って」で漸く本音言えたのかと思うと泣けた。しがみつく様に歌う姿に泣きました。この時の福井さんの声七変化してる・・・!って印象でした。本当に透き通るような歌声で感動しました。
<ミュージック・オブ・ザ・ナイト:オペラ座の怪人
本物ファントム!きました本物!村怪人!この曲、こんなにも切ない曲だったのか・・。クリスティーヌが本当に大切で硝子細工を扱ってるような印象でした。ずっと惚れてた、見初めてた人が目の前にいる戸惑いというか、触れていいのかという緊張感というか、ある意味犯罪チックな、でも粗野にはしない、今すぐ自分のものにしたい!っていう思いがひしひしと。そういえば最初カンテラ持った怪人風の格好した男性二人が走ってきた。吃驚した。まるで地下室に逃げたファントムを探してるみたいだった。そして気付いたら怪人がいた笑
<飛躍に向かって:エビータ>
踊らないチェが来ましたwwジャケット開いてた。なんだろう・・。手拍子が私の周囲の席で起こってました・・・。
ブエノスアイレス:エビータ>
金平さんが凄かったです。この曲ほんまに難しい曲で、いきなりオクターブ下がったりとか階調に統一感がゼロな曲で、一度カラオケで歌おうとしたら一番初めで断念した曲なんですが、それを難なく歌い上げる金平さんがほんまに凄かった。前任の井上智恵さんはエビータでタイトルロールをしてこの曲歌ってるんで経験者といえば経験者。しかし、そうじゃない金平さんがどんなになるかと思いきや堂々と歌い上げてて、しかも衣装もセクシーで。いやほんとに凄かった。そしてダンサー萩原さん格好いいな〜。と
<スターライトエクスプレス:スターライトエクスプレス>
このミュージカルってどんなんだろうかといつも思う。ローラースケート履いてるとか何とか・・。李さんがうるうるした眼で村さんが歌うのを聞いてる姿が息子!って感じで良い。
<ヴァリエーションズ:ソング&ダンス>
加藤久美子さんがパガニーニを踊ってました・・・!格好いい・・・!カトクミさんの次に出てくるのがグヨルさんと徳永さんと同じく。斎藤さんも格好いいよーう。指さす中で踊る姿がまたもう・・。カトクミさんが片足で回転しだすと待ってましたとばかりに拍手!格好良すぎる。最後の決めポーズの時、カトクミさんがワンテンポ遅れて決めポーズするのが格好良い笑
<スーパースター:ジーザス・クライスト=スーパースター>
この曲が始まる時の「ジーザスクラーイス ジーザスクラーイ」が綺麗にハモッてて感動した。ここはもってたのか・・・!と衝撃を受けました。楽しそうに踊る萩原さん岩崎さんが素敵。
<アイ・ガット・リズム:クレイジー・フォー・ユー
白つなぎでボテに座っているのが萩原さん、タップの音が滅茶苦茶響いてた。そのあと斎藤さん。で、岩崎さんが仲間に入れてほしいとやってきてタップ踏んでがに股イエーイ!それを萩原さん斎藤さんが真似してイエーイ。仲間入れよ!ってやってハイタッチするも岩崎さんのはすかす笑 最後は振りが増えててビンタされてた。で、男性ダンサーが馬跳びで捌ける。で、マーチングではグヨルさんが小太鼓で上手くて吃驚。グヨルさんに釘付け笑
<恋のウォータールー:マンマミーア>
ペアでキャッツみたいにカテコする時の最後、オレンジ繋ぎの人が滑りぬけるのではなくて前田さんがバク転バク宙にひねりを入れて締め!これって噂のオーディションで披露したとかいうやつなのかな・・。ウルトラE?D?いやほんまに凄かった。
<魔法使いと私:ウィキッド
金平さんエルファバできそうな気がする・・。キャスティング来ないかな・・。大阪出身だし・・。来ないかな・・。ドキドキ。
<カテコ>
余りにも盛り上がって収集付きそうになかったんで最後は追い出しアナウンスで終わり。地方だし演目が演目だから四季好きな人が多いみたいです。

総じて、金平さんが物凄くて感動した。まだ若いのにあれだけ歌えるならこれから先どうなってくんだろう・・。福井さんの表現力の深さに感服。そして萩原さん大活躍の55に大満足。今まで観た55の中で一番好きです。カンパニーのテンションも高くて、嬉しかったり。雄たけびとかそんなのが凄かったです。また観たくなったので次に関西来る時にまたチケット取ります。久しぶりにS席取ろう。楽しみだ!次こそ是非金森さんをソンダンで見たい!

で、これDVD化とかしないかな。CDとか。無理かな。もし出来たとしても誰で録るかとか揉めそうだな笑 是非ともDVD出してほしいけどなあ。