読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新名古屋ミュージカル劇場で上演中のオペラ座の怪人を観ました。

ラウルに北澤祐輔さん、クリスティーヌに沼尾みゆきさんというオペラ座ではレアキャスト且つ大好きな俳優さんが来たなら行かねばと実家で奮闘(笑)オペラグラス持ってきてて良かった☆

一年ぶりの新名古屋ミュージカル劇場に、同じく一年ぶりのオペラ座の怪人でした。久しぶりすぎて大分忘れてたり。オーバーチュアあんなだったっけ?(笑)舞台も狭く感じたり、音響が若干あれかなあ…って印象です。大阪良かったのか。

ファントムは高井さん。前回と同じ方です。奇跡の美声の持ち主(笑)いや〜、北澤さんと沼尾さん観に行ったつもりが高井さんに釘付けになってしまった。ポイントオブノーリターンからの高井ファントムの狂気は凄かった。触れるか触れないか、絶妙な加減、絶妙な駆け引き。特にラストにクリスティーヌに去るように絶叫するとこはもう高井さんどうしたの!そんな人じゃないでしょ!って気分でした(笑)いやー、凄いものを観ました。ラウル相手になると怒りの振り幅の大きくなること。自分の容姿の醜さ故に歪んでしまったファントムさんだからこそイケメン金持ちが相手になるとより嫉妬してまうんやろうなあ。話によると北澤ラウル相手になると感情の起伏が激しくなるそうです。高井ファントム。ラウル格好良かったもの。惚れるよあれは絶対(笑)でもやっぱり台詞が時々聞き取りづらいかったので脳内補完する必要が…(笑)いや絶好調の証なんだろうけど。大阪で見たときよりも素晴らしかったです。

クリスティーヌは沼尾みゆきさん。私はこの人が大好きなんだと漸く気付いた(笑)沼尾さんがバレリーナしとるうう!可愛いいい!なんて思った一幕冒頭ハンニバル。時々グリンダ様に見えたんだけど、一幕ラスト屋上でのシーンのラウルとクリスの歌はもう圧巻!ずっと歌っていてください!って気分(笑)歌声に酔いしれました。北澤ラウルとも相性ばっちしなのね。そして二幕、ファントム捕まえよう!協力してくれ!ってシーンでの最後『いやっ!』と言って逃げるのが凄い上手いなあ…と。迷いと板挟み状態にある葛藤が見えて。で、ポイントオブノーリターン!私このシーンでもうファントムさんとの駆け引きに脱帽しました。クリスは最初は『いや』と言ったのに、でも最終的に罠に嵌めるのに協力したのか!と漸く気付けた。前見た時にはなんも思わなかったのに。でもそうどちらにでも寄れる不安定なまま。何故?っていう疑問だけが残るよねー。あ、あのシーンて進行と違うことをしていることに気付いて焦って正体を見ようとしたのか。じゃあ違うか。難しいなあ。あ、ファントム寄りには見えなかった。うん。あとやっぱり沼尾さんは声楽出身の方なんだなと再認識。もう本当に歌声に酔いしれました(笑)グリンダ様も好きだけど、クリスのが良いよう。


ラウルは北澤さん!格好良い!もうなにあの包容力!クリスティーヌへの呼び方話し方の優しいこと!でもファントムへ宣戦布告する時の決めた姿の格好良さ!惚れます(笑)絶対惚れます。歌声も素敵だし上手いし幸せでした。あと最後のファントムの部屋で首にロープかけられた姿の色っぽさ(笑)破れた服とか裾はみ出したりとかがもうね、うわあって(笑)クリスティーヌがファントムにキスするとこ、やめてくれ!て感じで目を瞑って目を逸らしてる姿がもう可哀想で。眼福耳福です。北澤ラウルのCDください(笑)絶対フィエロで見るのは勿体無い!(歌うシーン全然ないしポップスだし)クラシカルに歌う方が合うなあやっぱり。ファントム嫉妬するのもクリスティーヌが惚れるのも分かるラウルでした。一幕時々フィエロに見えたけど(笑)この人がシンバしてたなんて信じられないよ(笑)


まあ絶賛は此処までなんだけど(笑)マダムジリーてもっと気配がないような、ミステリアスな、でも娘やクリスティーヌに愛情がある感じがあったんだけど、なんかヒステリックな感じにしか見えなかった。あとメグジリー、あんなにでしゃばった感じだったっけ?なんだか、1人受かれてるようにしか見えない、可愛げも強さもないような感じでした。歌もなんか…。この二人がね…。戸田さんも荒井さんもいなくなったのかあ…。あ、女性アンサンブルにめっちゃ歌声響かせてる人がいたけど、誰だったんだろう。あと、種子島さんが心配。声が・・・。

あ、ファントムの部屋の燭台ってあんなふうに出てきてたっけ?所々変わってる?

目線がよく合う席でドキドキしました笑 あのへん見ましょうね、って言われてやってるんだろうけど笑 シャンデリアもほぼ目の前で迫力ありましたよ。やっぱり名古屋は舞台と座席が近いから良いね〜。2階でも十分満足。でも空席が目立つ客席でした。良いのにいい。

ほんまに主役三人素晴らしかったです!絶対今見るべき!また見たいなあ…。