読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲキ×シネ「ShinkansenRX☆SHIROH」をT-ジョイ京都で見た。お!

シロー:中川晃教 益田四郎時貞:上川隆也
山田寿庵:高橋由美子 益田甚兵衛:植本潤
レシーナお福:杏子 渡辺小左衛門:河野まさと
ゼンザ:泉見洋平 リオ:大塚ちひろ
松平伊豆守信綱:江守徹 お紅(おこう):高田聖子
水鏡のお蜜:秋本菜津子 柳生十兵衛:橋本じゅん
三宅蔵人:粟根まこと 津屋崎主水:池田成志
板倉重昌:吉野圭吾 松倉勝家:右近健一

内容としては、島原天草の乱をモチーフにしたロックミュージカルでした。歴史上では天草四郎時貞(まぁ、実在に関しては云々・・て感じな人ですね。伝承を聞くとキリストだよな、まさに。作られたようにも見える人だと思います)という人物一人が総大将だったけど、これは二人のシローがいたらどうなる?神の歌声を持ち人の心を操ることが出来るシローと、かつて神の子と称され、武勇に優れた益田四朗時貞の二人を描いた作品。まさにミュージカル!ミュージカルが嫌いな人が主に理由に挙げるとしたら「突然歌いだす」「台詞さえも歌にしてしまう」「しつこい!」ってあるんだと思うんだけど、まさにそれがどんぴしゃだな〜って。ストーリーは凄く良いと思うんだけど、歌多すぎてしつこかった。特に、江守徹演じる松平伊豆守が歌う必要があったのか甚だ疑問。彼の役どころはラスボスチックな所であるからこそ、台詞言って舞台締めるべきだったのではないかと思う。まあ、歌ってなんぼだ!で作った作品らしいから、仕方ないのかもしれないけれど、ミュージカル好きな私でも駄目だこれは。嫌いなミュージカル部類です。(あと挙げるなら四季のファミミュも苦手)ストーリーとしても個人的に好きではなかった。二人の主人公に徹底して描けば良いのにと思ったwおみつとシローや寿庵と四朗の恋愛劇いらぬよ・・wこういうの苦手。でも、中川あっきーの歌は上手いのは事実でした。歌うときの顔は好きではなかったけどw

池田成志出てたことに吃驚。初めに登場したのが津屋崎だったんだけど、何この舞台に慣れてる人w新感線慣れしてる人wって思って幕間に確認したら池田成志だった。先輩なんだ・・知らなかったw脇役が濃すぎてどうしようか・・・って舞台でした。柳生十兵衛、三宅蔵人、津屋崎主水、板倉重昌、松倉勝家だけの舞台観たいwこの人ら面白すぎるwヤバい。吉野圭吾・・・なんぞあの人、って思ったら元四季なんだね。濃すぎるwwスピンオフ欲しいw

まあ、10年も前の作品だからなあ、と思う事で終わります。今の中川晃教老けたねwこの作品のじゅんさん痩せてるw粟根さん右近さん変わらないww上川隆也もw