読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T-ジョイ京都で上映されてるゲキシネ 劇団☆新感線「髑髏城の七人〜アオドクロ」を見た。オープニングと2幕最初の染ちゃんが格好良すぎます。ヤバいです。大好きですこういうの。

時に天正十八年、織田信長が逆臣の手にかかり、はや八年。 天下統一は浪速の猿面冠者−豊臣秀吉の手でなされようとしていた。ただし、唯一関東を除いては。関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城、“髑髏城”。黒甲冑の武装集団“関東髑髏党”の首魁は、自らを“天魔王”と名乗る仮面の魔人だった。天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵となった天魔王。そして風雲急を告げる関東荒野に、奇しき縁にあやつられ集まる者たちがいた。髑髏党に追われる沙霧(鈴木杏)を行きがかりから助けた謎の牢人狸穴二郎衛門(ラサール石井)と玉ころがしの捨之介(市川染五郎)は、“女を隠すには女の中”と色街無界の里へ向かう。色街では無界屋の極楽太夫(高田聖子)をめぐって馴染み客の関八州荒武者隊を名乗る荒くれ者たち・こぶしの忠馬(佐藤アツヒロ)、水無月才蔵(川原和久)、小田切渡京(粟根まこと)が捨之介と小競り合いを繰り広げていた。仲裁に入った主人・無界屋蘭兵衛(池内博之)は、昔馴染みの捨之介に気がつく。そこに沙霧を追う髑髏党の幹部・鋼の鬼龍丸(高杉亘)が居所を嗅ぎ付け無界屋に襲撃をかける。騒然となった無界屋に突然現れた天魔王により、捨之介と蘭兵衛たちの封印された過去が明らかになる。そして二人の過去を知る謎の刀鍛冶(三宅弘城)とともに、捨之介たちは天魔王に立ち向かうべく髑髏城へと乗り込んでゆく。

市川染五郎   玉ころがしの捨之介
鈴木 杏     沙霧
池内博之    無界屋蘭兵衛

高田聖子    極楽太夫
三宅弘城    謎の刀鍛冶
粟根まこと   小田切渡京
高杉 亘     鋼の鬼龍丸
川原和久    水無月才蔵

ラサール石井  狸穴二郎衛門
佐藤アツヒロ こぶしの忠馬

逆木圭一郎  村木よし子  山本カナコ
村 木 仁  川 原 正 嗣  前 田  悟
タイソン大屋

葛貫なおこ  小 寺 利 光  小村裕次郎
杉 山 圭 一  田 畑 亜 弥  中 野 英 樹
安 田 栄 徳  山 中 崇

横 山 一 敏  竹 内 康 博  中 川 素 州
加 藤 学  矢 部 敬 三  三 住 敦 洋
藤 家 剛  佐 治 康 志

柴 田 健 児  島 田 裕 樹  小 椋 太 郎
蝦 名 孝 一  武田みゆき  伊 藤 美 帆
嶌村緒里  野 澤 紗 耶


思っていた以上にコメディの要素多くて酷くずしりと落ち込んでしまうようなことはない、気分良く見れる作品でした。ときどき恐ろしくどん底にまで持っていかれるんで、今回作品タイトルとストーリーだけを見たらこれも同じようなものかなと、考えてたんだけど、どちらかといえばレッツゴー!に似てるとこも多かったような。

染五郎はやはり格好良い!いのうえ歌舞伎なもんで、花道を使った演出や自身が舞踊を踏んだり、鼓を打ったりとその舞踊家としての姿も楽しめました。やっぱり「高麗屋!」て言いたくなる笑 天魔王としての染ちゃんがすこぶる格好良いです。あの部分だけ何度でも見たいwww天魔王が2幕で最後味方さえも斬り捨てた後の刀をしまう姿がたまらんw
その染五郎演じる捨之助の旧知の仲である乱兵衛演じる池内博之・・恐ろしく舞台上での違和感が大きかった。一人だけ浮いてるというか、段取りが見えるというか・・・新感線の舞台に似合わないというか・・笑 なんだろう・・・舞台に向いていないのではないかと思ってしまうような、地に足が付いていない演技ですた。乱兵衛は実は信長の小姓・森蘭丸だったんですけど、森蘭丸って凄い美少年だった〜とかそんなこと言われてたから池内なのかなと。でも恐ろしく顔が小さかった。染ちゃんと並ぶと余計に笑 意外とあっさりやられたもんだからなんかね〜。
謎の刀鍛冶・カンテツの三宅弘城・・・ほんまワンシーンだけかなとか思ってたらまさかの七人衆の一人だった笑 まさかの身体能力の高さ、そして面白さ、舞台上で笑いを掻っ攫ってたのはこの人でした。凄かった笑 ・・・て大河ドラマ新撰組!」で望月亀弥太演じた人か!ならあの芝居のうまさとか分る!あの望月亀弥太には泣かされたもの。しかも大人計画所属なのか・・!なるほどね笑 どこかで見たことあると思ってたけど、そういうことか。
忠馬の佐藤アツヒロ・・・初っ端から光GENJIの「フリーダム」歌ってるわローラスケート履いてるわ踊り上手いわ身長低いわで、光GENJIの誰よ・・と思ったら佐藤アツヒロだった。納得行きます。予想以上に演技上手かった。
忠馬の兄役をした村木仁、最初に登場してきてほんまに端役のやられ役かなと思いきや、実は七人の一人という事実笑 あの存在感はなんだ一体笑 そして予想以上に殺陣がというか棒術が上手くて吃驚した。ラスト辺りで忠馬と一緒に川原さん演じる刀の非道丸と戦うシーンはもう眼福モノです。刀捌き、鍬捌き、鎌捌き笑 が素晴らしいこと素晴らしいこと。あれはほんまに凄かった。

池内博之を除いたら満足できた作品でした笑 超お勧め!久々に楽しい演目に出逢えた。