読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローマ1日目、二日目

3月4日(水)
マドリッドからローマへ移動。朝一でマドリッドの空港からローマへ。
10:15、定刻通り離陸。CDG空港でトランジェット。飛行機に乗るゲートのフランス人のおじさんが日本語で迎えてくれた。CDG空港からフィウミチーノ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)空港へ。(余談だけど外国って空港に人の名前つけるよね。ベネツィアマルコ・ポーロ空港とか。アメリカもJFKとか。日本だと何だろう・・・国際的に有名なのかな)
ローマに着いて到着ロビーから出口へ向かう途中でいきなり軍人の集団に出会う。イタリア軍・・だよね?そういったものに免疫ないのでビビる。(此方も余談だけど省庁とか空港の警備してる軍人が普通にマシンガンみたいなの装備しているのもビビった。カメラ向けたら撃たれるんかなあ・・とか考えたなあ)
ローマに着いたけどもいきなり雰囲気悪い。地下鉄とか暗いし。駅の人の愛想も悪い。お役所仕事な印象。フィウミチーノからホテルのあるオスティンエンセまで電車。ビビりながら乗る。ディーゼル車でこちらにもビビる。車窓は田舎でした・・。オスティンエンセに着いたもののホテルへの行き方が分らずタクシー捕まえてホテル・ピラミデへ。
が、しかし予約がブッキングしてると言われまさかの宿なし?!とか一気にテンション急降下。不安に駆られる。しかしフロントのおばさんの迅速な対応で別のホテルへ。ホテル代も取られないとのこと。(まぁ、観光税取られたけどさ)地図も書いてもらってその通りに行くけど見つからない。近くの店の人に聞いても、通りすがりの人に聞いても分らないとの返事(お店の人がお客さんとかにも聞いてくれて感動した。日本じゃ絶対ないよね)で絶望感に襲われる。ホテルのおばさんに騙された?!とか半信半疑、切れ気味で駅に戻ってタクシー捕まえてホテルへと頼んだ。そしたらそのタクシードライバーが超絶イケメンでした。見た事ない程のイケメン。ローマ彫刻のような美しさ!男の人に美しいなんて殆ど使わないけど、生まれて初めて美しいと思う人に出会ったことに感動した!笑 そして何故ローマ彫刻があのようなイケメンで彫られたのか納得した。ちなみに後にも先にもこの時出逢った人が一番のイケメンでした。
で、疲れも怒りも全部吹き飛んで(笑)そして走る事数分・・・ホテル発見!何度も通った路地に面してました。看板小さすぎて分らなかっただけでした。おばちゃん疑ってごめん・・。若干タクシーの運転手にぼったくられた気もするけど気にせず笑顔でお礼を言ってフロントへ。(まぁ私なんて淑女なの)
フロントの人も事情を知っていたので非常に丁寧に親切に対応して頂けました。うん、やっぱりプチホテルに宿泊するのが良いね。
非常に疲れたので早めに就寝。もう二度とこんな目には遭いたくないです。