読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観ました。

9.11で父親を失った少年オスカーが、父親の死を乗り越えていくストーリです。
少年オスカーは若干アスペルがーの疑いのある子供で、少し偏屈と言うか、頑なな部分があり、そのために余り友達もいないのかな。父親が対等に話せる唯一の人だったんだと思う。でも、その最愛の父親を9.11で失ってしまう。物語の主軸はその1年後、父親が遺したと思われる古い鍵をオスカーが偶然見つけたことから始まる。オスカーはきっとそれは父親が自分に残した冒険の鍵なんだと、その鍵が守るものが、きっと父親と自分の薄れていく絆を繋ぎとめる何かなのだと思い必死になってその鍵が何なのかと探り、その中のヒントからNY中の'BLACK'さんを探しに行く。そこで様々な'BLACK'さんに出逢い、様々な体験をしていく、そして誰もが自分を慰めてくれるし、誰もが何かを喪失している事を知っていく。そしてその冒険を続ける中で、オスカーは祖母の家に間借りする老人と出逢い、一緒に冒険を続ける・・・。


凄く良い映画でした。心温まる、でもとても悲しくもある映画。オスカーの9.11後の喪失感、母親への自分への苛立ち・・・あの演技力は本当にすごい。特に、911当日父親と自分の間に何があったのかを告げるシーン、鍵の真実を知った後のシーンがとりわけ印象的でした。
オスカーは父親とのつながりを求めて冒険していたわけだけれど、でもそれは結果として母親との繋がりを強めるものになったことが救いだったなあって。あと、オスカーがNY中で出会ったBLACKさんとのそれぞれの物語もとてもよかった。中途半端なんじゃないかなと思う部分もあったんだけど、それを補えたのがその出逢いの部分だったと思う。もう少し、って思う所も沢山あったけど(例えば、アビー・ブラックさんの話とか、'間借り人'との話ね)でもあれで十分だったのかなあと今考えると思う。
タイトルは、そのまんまだったなと。本当に、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」だった。ヒントだったんだね、これ。
兎に角、子役が凄い!そしてお父さんトム・ハンクスだったのかと今驚いてる笑