読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新選組! 再考

2004年に放映された「新選組!」という大河ドラマが大好きです。

当時、自分の中で幕末ブームと香取慎吾ブームが最高潮に達していた時だったので、新選組を大河ですると知った時は、とても嬉しかった一方で、幕末が舞台で、一般的な認知度としても余り良くない(戦国の武将だとかだと一般的な視聴者も取っつき易いだろうけど、あの頃の新選組なんて思いっきり悪役なイメージがあっただろうと思うのです)、そして何よりジャニーズのタレントが主役を張るということ、にどうなるのか、受けは良いのか?という不安要素もあった新選組!

結果として、色々演出や内容、役者に思う所はあったけれども(やっぱり香取慎吾の演技はどうかなと私も思ったのですが、後半辺りは別として)、今まで余りクローズアップされてこなかった人物への描写の濃さや、史実に忠実と言えば忠実だし、脚色もあったけどさもありなんな内容だったし、様々な小説やドラマでの新選組を思い出させるところもあり、良い意味も悪い意味でも今までの大河ドラマを覆す内容となった大河ドラマ、なにより元々三谷幸喜作品が好きだったので必然と好きな作品になってしまったのです。

で、何より好きな理由って、役者同士の結束に惹かれた所です。裏話とか聞くと、部活の延長線上と言うか、男子校のノリのような所が面白くて。本当に色々な雑誌やら番組で新選組に出ていた役者さんが出てきたら必ずチェックして、でもって全然関係ない宣伝とかで出ていても新選組!の話を降られていたりして・・・楽しかったな笑

どうしてこんな話をするのかといえば、久しぶりに香取慎吾山本耕史が共演している所を見たからです。
久しぶりにと言っても去年末から物凄く共演しているなと言う印象なのですが、何しろあの二人の仲の良さを知った時に、山本耕史凄いなと普通に感動したほどでして。
香取慎吾のパブリックイメージと実際とは真逆で、大人しくて人と関わらない人で、新選組!の時も全く共演者と関わろうとせず、楽屋に籠っていたそうです。山本耕史も最初は香取慎吾?俺のが芸歴も役者としても上だぜ。みたいなノリでかかっていったらしいのですが、実際会うと全く違う性格で驚いたそう。そこからなのかな、香取慎吾をどうにかしようとなっていったのは。

誰とも関わらない、スケジュールも他の何倍も多忙で見ているだけで痛々しかった香取慎吾の心をどうにか開こうとずかずかと土足で入っていき、外の世界へ連れ出すことに、居心地の良い現場にしようと常に香取に気を遣い、自分の事なんか二の次に香取に尽くし続けた山本耕史!彼の内助の功と、初恋のような甲斐甲斐しさ、ストーカー気質な熱血漢の性格も相成り、色々と飛んでもエピソードもあったけれども、結果として新選組と言う作品を引っ張り続ける原動力になり、そして仲良しになれた2人。
あの二人のエピソードを最近のバラエティで語られる話だと気持ち悪さしか残らないのですが、実際は全く違う。
<つづーく>