読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生円山

中学生円山』公開初日、舞台挨拶の回を観ました。勿論地元で中継で。

クドカンの、あのふざけた世界観だけども、最後に泣かしにかかるあの手腕が結構好きです。「なくもんか」とか。

妄想のぶっ飛び具合、妄想なのか現実なのか段々と混濁していく様子、最後のあのオチ。全て私好みです。
終始笑いすぎてもう如何に声を抑えるかで必死でした。好きなのはヤンイクチュンと坂井真紀さんのシーンですね。冷蔵庫を倒すところはもう駄目です。面白すぎる。ヤン・イクチュンさんが終始良い味を出してくれています。

それと遠藤賢司さんが糞格好良い。認知症の徘徊老人役なのですが、ある日いつものように徘徊していたら街中でバンドが路上ライブしている所に出くわします。その様子を見ていたエンケンさん、突如舞台に乱入しギターとマイクを奪い絶叫し歌います。さらにさらにギター弾きながらドラムを叩くと言う変態技を見せてくれます。これがべらぼうに格好良い。吃驚した。立ち上がってこぶしを振り上げたくなったくらい。もうこのために観ても良い。

あと草磲さんですね。謎のシングルファーザー下井役。シングルファーザーなのには理由があり、これが物語のキーになります。中学生円山君は下井が殺し屋なのではと妄想するのですが、その妄想シーンで銃撃戦を繰り広げる草磲さんがこれまで観たことのないような変態ぷりを発揮してくれています。クドカン引き出し広げてくれてありがとうと叫びたいです。本当、この役は草磲にしか出来ないです。

面白かった。草磲作品に外れなしです。