読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーランドへ行った話①


そして、グーフィーに堕ちてきた話。

5月27日、28日にディズニーリゾートへ行って参りました。8年ぶり?のディズニーランド、そして人生発のディズニーシー&ディズニーランドホテルへの滞在。

事の発端は年始の高校の同級生との新年会にて、私がシーに行ったことがなく親戚の子供たち(幼児から小学生)に馬鹿にされるという話から、連れて行ってくれと懇願したことに始まる。哀れに思ってくれた友人6人が奮起してくれ、どうせならランドとシーを攻めよう、どうせならオフィシャルに泊まろうということでさくさくと(本当に驚くほどさくさくと)決まったディズニー行き。なんせ最後に行ったのが8年前。その時点ですら幼児期以来の来園というテーマパークに程遠い生活を送っていた私である。8年前の記憶といえばミッキーとフリーグリーティングであえたのに子供に構って相手にしてもらえなかったことと、アリスに自分で撮って焼いた花のカラー写真を渡したこと、そしてエレクトリカルパレードに感動し泣いたこと。それだけである。何に乗ったのかも覚えていない。そんな状態である。

そんな私だが、ディズニー映画は好きだというか、強火セル画派でアンチCGデジタル派である。(ピクサー併合後のディズニーアンチともいう)好きな映画はファンタジアシリーズとノートルダムの鐘!なのでついでにいうと今のあのラプンツェルやアナ雪も解せないそんな古典的人間である。そんな私が今のディズニーリゾートへ行きどう思い、何を得たか、そして何故グーフィーに堕ちてきたのか。つらつらと不定期に書き落としていく。