読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィキッドが日本通算上演回数1000回達成したのでその記念公演に行ってきました。


遂に、樋口麻美さん登場で狂喜乱舞。四季は当日までキャストが分らないという建前があるので劇場で確認するまでドキドキしました。(しかもダブルキャストだったからね)そしてグリンダ様は勿論沼尾さん!ボック&ネッサは大好きな金田さん&山本さん!って来たらもう大人しく開演20分前から席に座って待つしかない。

やっぱり記念日だったからか、アンサンブルの纏まりや、テンションも最高に高めでオープニングの「No One Mourn The Wicked」から涙腺決壊笑 素晴らしかった。男性アンサンブルも久しぶりに歌える人が多くて素晴らしいのなんの。エルファバのパパ役の山田さんは演技も声も良いし、内海さんの声もええしで言う事は無いです。すんばらしー!

樋口麻美さんの演じるエルファバは、物凄く陽な雰囲気を持ったエルファバでした。(他の人はどことなく神経質そうな感じかな。)とーっても男前でサバサバしたエルファバで、とても新鮮でした。一幕は凄く明るい!とにかく明るい!その明るさがあるからこそ2幕(数年後設定)からの陰鬱な感じがより一層クローズアップされてる。そしてとにかく全体的に可愛い!演技が細かい!・・・と言いますのも、江畑エルフィや木村エルフィの喋りだとか、演技が物凄く苦手で、一生懸命さは伝わるけど、でもイントネーションとか台詞の緩急とかが今一分りづらくて、エルファバの感情が伝わりにくかったんです。でも、樋口さんだとそれがはっきりとしていて、凄く分かりやすかった。嬉しいんだな、悲しいんだなっていう基本的な部分なんですけどね。こういう芝居見たかったんだよ・・・ていう気持ちが大きかった。グリンダとのやりとり、フィエロとのやりとり、その一つ一つが素晴らしかった。でも、「DEFYING GRAVITY」での空飛んで歌う最後の部分『この力を今』『(あなたなら)やれるわ』って最後伸ばす部分をぶつ切りにして歌うのはちょっと慣れなかった。噂には聞いてたけど。でもね、その空を跳んでるシーンで魅せた不敵な笑みが忘れられない。捕まえてみなさい!あなたたちにそれが出来るの?私は戦うの!っていうのを歌う曲なんだけど、それを体現しているような笑みだった。「NO GOOD DEED」アレンジしまくりとても格好良いし、「POPULAR」での『キラキラ〜』はとても面白かった。樋口エルファバ最高!若干とちりが多かった印象だけど、一年ぶりだし急遽だから仕方ないのか・・・。

沼尾みゆきさんのグリンダはやっぱり最高です。ちょっと前オペラ座のクリスティーヌで観たから不思議な感じがあったのは否めない笑 オープニングから声量ばっちり、アンサンブルもいつもよりテンション高くて凄く声出てんのにそれを上回る声に吃驚。それだけで今日は違うんだな、特別な日なんだなってひしひしと伝わり、涙涙笑 「POPULAR」もエルファバに手取り足取り教える姿に笑いが止まらない。何処となくお姉さんみたいでした。

フィエロの岡田さんがちょっといただけなかった。初めて見たときから声はあんまり好きじゃなかったんだけど(笑)今日見てたら凄く演技が平坦で、全編通して変わりのない姿に見えた。周りの俳優さんが演技上手い人多かったからかそれが余計に目立ってなんかねえ・・・。あと、喋りが芸人さんが喋ってる様な(コントとかで)印象受けてしまってね・・・。フィエロってイケメン(グリンダが言うに)なんすよ。イケメン。見た目だけじゃなくて行動も含めてなんだろうけど、でもそれが分かりにくいなーって。周りの学生を(堕落させるために)引き付ける魅力があるはずなんだけど、なんか普通の人なんだよなーって。っていうか中途半端なのかもしれん。てか、声が嫌いだから駄目だ、よく見えない・・。

やっぱり金田さんのボックの演技が自然で好きだ。もう一人のボックは観ていて痛々しいんだよなあ。山本さんは言わずもがな。鉄板です。あと久しぶりに観た前田貞一郎さんのディラモンド先生の演技も一番好きだ。初めて観た(いつのまにやらデビューしてた)原田さんのモリブル先生凄く良かった。魔女狩りのシーンでグリンダがモリブルにネッサローズが死んだ真相を尋ねる時の演技が本当に極悪人で初めの良い先生との落差が分りよい。八重沢さんに似てた。

四季の会員が多いせいか、ウィキッドすきーが集まったからか、歌ごとの拍手大きく、非常に盛り上がりました。

通常カテコしてから特別カテコで、オズ陛下が真ん中で「通算公演回数1000回を突破しました!初公演から3年でこの記録は日本屈指の速さです!皆様のおかげです!これからも宜しくお願いします!」で、エメラルドシティのナンバー歌いながら皆登場。そしてさらにリトルエルファバという公募した素人の子供が大量にパネルを持って登場。ここで萎えた。少なくともまだ舞台は続いていて、夢見心地、素晴らしい舞台で、感動を引きずってのカテコは俳優陣への感謝の気持ちなのに、全くの素人を登場させるのは本当に意味が分らなかった。しかもまったくもって本編にも関係ないし、なんでこんな演出にしたのかと問い詰めたいです笑 なんか現実を観た気持ちで一気に萎えました。スタッフも誘導するためにちらっと出てきたのもちょっとなあと。なんだかなあ。

で、何度か幕が開いてリトルが捌けて俳優さんだけが出てきた時に客席一斉スタオベ笑 盛り上がり凄かったです。エルファバが小さく投げキスしたの物凄く可愛かった。

そんな感じです。あ、カメラ買いました。